小龍茶館−Apple新情報

Apple Watch Ultra届いた!開封の儀&ファーストインプレッション

  

以前の記事にも書いたとおり、中国公式Apple Storeで、Apple Watch Ultraを発売日(2022/09/23)初日で購入しました。そしてApple Watch Ultraがとうとう届いたので開封の儀とファーストインプレッションをお届けします。

▼運送会社は中国でも最も信頼できるSF Express(顺丰速运)。非常に速く、しかも素晴らしいサービスを提供しています。Appleは中国国内ではシェンカーとEMSとここの3つの物流会社を使いますが、それに選ばれているので大したものです。梱包もしっかりしていて、中国語で言う「八角尖尖」状態でした。八角尖尖とは、8つの角がぴっちり尖っている、つまり梱包箱に一切潰れなどがない完璧な状態を指します。

Apple Watch Ultra

▼さてシールを剥がして開けると。。どどん。白い紙箱に入ったApple Watchのエンボス加工ロゴが映えますね。緩衝材も見事です。

Apple Watch Ultra

▼こちらが白い外箱。薄い長方形をしています。

Apple Watch Ultra

▼裏返すとこんな感じで一気に情報量が増えます。左右の耳を折り曲げて開くタイプになっています。

Apple Watch Ultra

▼開いてみると、こんな感じで上に取説、そして下にApple Watch Ultra本体と、更にその下にバンドが入っています。

Apple Watch Ultra

▼中の箱2つを並べるとこんな感じです。自分はオーシャンバンドの黄色だったのでこんな感じです。

Apple Watch Ultra

▼それぞれの箱を裏返すとこんな感じです。Apple Watch Ultra本体の箱は裏側に開封シール、バンドの箱は脇に開封シールがあります。

Apple Watch Ultra

▼それぞれの箱を開けてみたところ。上にはApple Watch Ultra本体とUSB-CコネクタのApple Watch用充電ケーブルが入っています(充電アダプタはついていません)。下はバンドと取付説明。

Apple Watch Ultra

▼充電ケーブル、今はもうUSB-Cなんですね。。これまでUSB-Aタイプのものしか持ってませんでした。あと、ケーブルの被膜がこれまでのAppleの伝統的なつるつる樹脂ではなく、布のような生地になっています。耐久性を重視してのことかと思います。まあSeries 5から買ってないので、途中で変わっているのかもですが、私にとっては初めて見るタイプでした。

Apple Watch Ultra

▼さていよいよ本体です。カバーを外して見ると、第一印象は、でかい!ずっしり重い!です。。

Apple Watch Ultra

▼ひっくり返すとこんな感じ。センサーも複雑になっていますよね。後でSeries 5と比べてみるとその差は歴然です。

Apple Watch Ultra

▼次にオーシャンバンドを取り付けます。これがちょっと曲者で、バックル部分がちょっととっつきにくいです。バンドには脇に穴がたくさん空いているので、自分の手首の太さに合わせて調整できるのはいいんですけど、バックルを自分でつけるという体験をしたことがないので、ちょっととっつきにくかったです。

Apple Watch Ultra

▼というわけで苦戦しつつもバンドを取り付けてみて、腕に装着。なかなかに質感がありますね。。

Apple Watch Ultra

▼これまで使っていたApple Watch Series 5と比較。3世代前の機種との比較ということになります。まず、ともかくサイズがでかい!

Apple Watch Ultra

▼アップにして見ると余計にわかるかと思います。でかい。

Apple Watch Ultra

▼裏返してみると、センサーの複雑さがわかると思います。あとはチタンの全体の質感も高いですね。

Apple Watch Ultra

▼それでは恒例の初期設定をしていきます。といっても私の場合はこれまでApple Watch Series 5を使っていたので、設定を移すだけ。まずはApple Watch Ultraを母艦iPhone(私の場合iPhone 12 Pro Max)に近づけ、ペアリングを開始します。Apple Watch側でiPhoneに近づけてけろ、と出るので。。

▼iPhoneに近づけると、iPhone側にこんな表示が出るので、「続ける」をタップ。

▼すると、ようこそApple Watchへという画面へ。OKで進めます。

▼Apple Watch初代から行われている儀式ですね。iPhoneでApple Watch上に表示されるドットがうねうねしている動画のようなものを読み込みます。

▼数秒待つとペアリングが完了します。

▼あとは画面の表示通り進めていくだけですね。印象的だったものだけあげていきます。充電上限の最適化、これはバッテリー寿命管理で、MacBookやiPhoneなどにも導入されていますね。

▼安全性の説明、衝突検出が今年のApple Watch UltraやApple Watch Series 8、そしてiPhone 14シリーズから新しく導入された安全性機能ですね。

▼そして私にとってはこれが初めてのセルラーモデル購入でした。てなわけで早速今の番号を入れようとしたんですが、中国のキャリアSIMカードが妻の名義なのと、パスワードがわからないのでできませんでした。。今度窓口に行ってやってみようかなと思います。→その後、自分で遠隔操作でできました。別途記事にしたいと思います!(今更ですが。。

▼今回Apple Watch Ultraで初めて登場した、左側のひときわ目立つアクションボタン。ここに色々な機能を当てることができます。とりあえず自分はワークアウトを当てました。

▼Apple Watch Ultraはダイバーズウォッチを殺すかも。。といわれているくらい性能とアプリが充実しそうなので、その表示も。自分もPADIのOW持っているので、Apple Watch Ultraのために再開しようかな、なんて。。

▼というわけで完了。時間も全然かからずに、たぶん5分くらいでさっさと終わりました。Apple Watch初代の時にめちゃくちゃ時間がかかってイライラしていたのは遠い過去の話。今や設定でイライラすることはなさそうですね。表示は以前よりもくっきりとしている感じがします。あと当然ながら常時表示で視認性もいいです。平面になったのも大きそうです。ただ、ベゼルが結構あるのが気になります。本体はでかくなったけど、黒いベゼルもあるので、表示範囲がぐっと広くなったかというとそうでもない気がします。

Apple Watch Ultra

▼ああ、そうそう、watchOS 9.0.1が出ていたのでアップデートしました。どうもApple Watch Ultra専用のアップデートだったようで、まだ買った人しか気付いてないと思いますw

▼文字盤を設定してみました。基本的にスマートウォッチの肝は一目で色々確認できるコンプリケーションだと思っているので(機械式でできないことをやるのがスマートウォッチのいいところ)てんこ盛りのウェイファウンダーで。色はオーシャンバンドの黄色に合わせてパフォーマンス、にしてみました。他の色もバンドに合わせているのが憎いですね。

あっ、最後に気付いたこと1つ、Apple Watch Ultraのロック解除が、Apple Watch Series 5に比べてめちゃくちゃ速くなっています。Apple Watch Series 5では数秒〜10秒近くiPhoneをロック解除してから待つ感じなのですが、Apple Watch Ultraは一瞬です。これ待ってました。あとはバッテリーの持ちが気になりますね。。

というわけで、とりあえずApple Watch Ultraの開封の儀と初期設定、ファーストインプレッションをお届けしました。内容薄くてすみません。

  • この記事を書いた人
  • 記事一覧

小龍茶館

小龍科技有限公司(香港)代表、中国歴15年以上のApple関連ブロガー。
中国で暮らす日本人に役立つネット・モバイル関連情報をお届けしつつ、iPhoneのSIMロック解除や脱獄方法など、中国で使用するのに便利な裏技も紹介しています。これまで経験した仕事は音楽マネジメント、飲食店経営、貿易、製造業など。
NPO法人日中児童の友好交流後援会理事。

お役立ち記事

1

2020年には使えていた「境外人员住宿登记」のオンライン申告用リンクが、使用できない状態が続いていました。 実は2022年7月からリンクが更新され、WEBサイトや随申办でも使用できるようになっていたよ ...

2

先日2023年の上海ミシュランガイドが発表になりました!2023年のリストを下記にまとめました! 今回はミシュラン二つ星に1軒、ミシュラン一つ星に3軒が新しく追加されています。 ミシュラン三つ星★★★ ...

3

欲求の強さについてのアンケート A〜Eのグループごとにあてはまる項目に◯をつけて下さい。 どのグループが多いかをチェックしてみましょう! Aグループ 誰とも関わらずに一人で完結する作業より、グループで ...

4

目次 日本語での問合せや受診が可能な病院・クリニック 【黄浦区】 【静安区】 【徐匯区】 【長寧区】 【浦東新区】 日本語での問合せや受診が可能な歯科クリニック 【黄浦区】 【徐匯区】 【長寧区】 【 ...

5

12月8日、中国国務院より、2023年の祝日が発表されました。 2023年は中秋節と国慶節が繋がり、連続8日休暇になります。 元旦:2022年12月31日〜2023年1月2日の3日間 春節:1月21日 ...

6

上海は先々週あたりから、各地でブロック封鎖が行われています。弊社も先週からリモートワークが続いております。 ブロック封鎖の影響で出前配達員の人員不足に陥り、スーパーからの配達が軒並みキャンセルに…。 ...