小龍茶館−Apple新情報

Apple、iOS/iPadOS 16.1をリリース。macOS 13 Ventura、watchOS 9.1も

2022年11月1日

  -

Appleは日本時間2022年10月25日未明、iPhone向けの最新OS(システムソフトウェア)【iOS 16.1】及びiPad向けの【iPadOS 16.1】の提供を開始しました。このiOS 16.1は10月11日にリリースされたiOS 16.0.3から約14日ほどでリリースされ、小数点1桁アップデートであることから細かいですが多くの機能追加や修正が行われています。なお、iPadOSはこのiPadOS 16.1が初めての16シリーズのリリースとなります。

AppleはiOS 16.1/iPadOS 16.1と同時に、Mac用の最新OS【macOS 13 Ventura】もリリースしていて、こちらも今回が初めてのmacOS 13となります。更にApple Watch用OS【watchOS 9.1】やAppleTV用のOS【tvOS 16.1】もリリースされています。

iOS 16.1 アップデート内容

iOS 16.1アップデートの変更点について、Appleはリリースノートで以下のように記述しています。

このアップデートではiCloud共有写真ライブラリが導入され、ファミリーの写真の更新が簡単にできます。また、このリリースではライブアクティビティが他社製Appに対応するようになりました。iPhone用のその他の機能とバグ修正も含まれています。

Appleソフトウェアアップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:

https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

iCloud共有写真ライブラリ

・個々のライブラリで写真とビデオを最大5人とシームレスに共有可能

・ライブラリの設定時または参加時に、開始日や写真に写っている人をもとにして共有ライブラリに追加する写真を 簡単に選択可能

・ライブラリのフィルタ機能により、共有ライブラリ、個人用ライブラリ、または両方のライブラリの表示を素早く切り替えることが可能

・編集や許可の共有により、参加者全員が写真の追加、編集、お気に入りへの追加、キャプションの追加、削除の操作が可能

・“カメラ”で共有設定を切り替えることで、撮影した写真をそのまま共有ライブラリに追加するか、Bluetoothでほかの参加者が近くにいることが検出されたときに自動で共有する設定を有効にするかを選択可能

ライブアクティビティ

・他社製AppのライブアクティビティをiPhone 14 ProモデルのDynamic Islandやロック画面に表示可能

ウォレット

・メッセージやWhatsAppなどのメッセージ用Appを使って車やホテルの部屋などのキーをウォレットで安全に共有可能

ホーム

・新しいスマートホーム接続規格、Matterに対応し、さまざまなホームアクセサリをエコシステム間で連携させることが可能

ブック

・読書を始めるとリーダーコントロールが自動的に非表示に

このアップデートにはiPhone用のバグ修正も含まれます:

・削除済みのチャットが“メッセージ”のチャットリストに表示されることがある問題

・簡易アクセスの使用時にDynamic Islandのコンテンツが表示されない問題

・VPN Appの使用中にCarPlayを接続できないことがある問題

・VoiceOverを使って日本語キーボードで入力しているときに音声フィードバックが途切れることがある問題

一部の機能は、地域やAppleデバイスによっては使用できない場合があります。Appleソフトウェアアップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:

https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

セキュリティ関連の修正は、CVE番号ベースで20件ありました。セキュリティ機能のバイパス、任意コードの実行、機密情報の漏洩などにつながるおそれのある欠陥が対処されています。その中でも特筆すべきは、カーネルにおける範囲外書き込みの問題(CVE-2022-42827)で、これはゼロデイ脆弱性です。アプリケーションがカーネル権限で任意のコードを実行できてしまう可能性があり、すでに悪用の報告があるため、早めのアップデートが必要です。なお、これらのセキュリティ修正は同日リリースされた「iPadOS 16」にも適用されています。

ところで今回iOS 16.1にアップデートしたところ、ネットワーク設定のリセットをしなくても済みました。何か改善されたのかもしれません。あと個人的にはバグ修正の1つとして、VPN Appを使用中にCarPlayを接続できない問題が解決されているのは興味深いですね。VPNを接続しているとローカルIPまでバイパスしてしまうことがあり、そのあたりが改善された可能性があります。

iPadOS 16.1 アップデート内容

iPadOS 16.1アップデートの変更点について、Appleはリリースノートで以下のように記述しています。

  • iCloud共有写真ライブラリ
    • 個々のライブラリで写真とビデオを最大5人とシームレスに共有可能
    • ライブラリの設定時または参加時に、開始日や写真に写っている人をもとにして共有ライブラリに追加する写真を簡単に選択可能
    • ライブラリのフィルタ機能により、共有ライブラリ、個人用ライブラリ、または両方のライブラリの表示を素早く切り替えることが可能
    • 編集や許可の共有により、参加者全員が写真の追加、編集、お気に入りへの追加、キャプションの追加、削除の操作が可能
    • “カメラ”で共有設定を切り替えることで、撮影した写真をそのまま共有ライブラリに追加するか、Bluetoothでほかの参加者が近くにいることが検出されたときに自動で共有する設定を有効にするかを選択可能
  • メッセージ
    • 送信後15分以内はメッセージの編集が可能で、受信者は編集の記録を見ることが可能
    • メッセージの送信後2分間は送信を取り消すことが可能
    • メッセージを未開封にする機能により、チャットをあとで見つけやすくすることが可能
    • “メッセージ”でSharePlayを使用して、友達とメッセージをやり取りしながら映画、ミュージック、ゲームなどを一緒に楽しむことが可能
    • 共同制作機能では、“メッセージ”を使ってファイルの共同作業への参加を簡単に依頼することができ、共有プロジェクトで編集が加えられたときにスレッドでアクティビティの更新情報を取得することが可能
  • メール
    • より正確で完全な結果を返すように検索機能が改善され、入力し始めた瞬間から検索候補を表示
    • メッセージの送信後10秒以内であれば“送信を取り消す”で送信をキャンセルすることが可能
    • “あとで送信”機能で、指定した日時にメールを送信することが可能
    • “リマインダー”機能でメールを読み直したり、返信を忘れないようにするためのリマインダーを受け取る日時を設定可能
  • Safariとパスキー
    • 共有タブグループで、複数のタブをほかの人と共有することができ、タブグループの更新は共同制作をしながら即時に確認可能
    • タブグループのスタートページは、タブグループごとに異なる背景画像やお気に入りをカスタマイズすることが可能
    • タブグループごとによく閲覧するWebサイトを固定することが可能
    • トルコ語、タイ語、ベトナム語、ポーランド語、インドネシア語、オランダ語をSafariのWebページ翻訳機能に追加
    • パスワードの代わりに、より簡単で安全にサインインできるパスキーに対応
    • パスキーはiCloudキーチェーンによりAppleデバイス間でエンドツーエンドで同期され、お使いのすべてのAppleデバイスで使用可能
  • ステージマネージャ
    • マルチタスクを行うためのまったく新しい方法(iPad Pro 12.9インチ(第3世代以降)、iPad Pro 11インチ(第1世代以降)、およびiPad Air(第5世代)で使用可能)
    • ウインドウの重ね合わせやサイズ変更が可能になり、Appの配置を調整して、理想的なワークスペースを構築することが可能
    • 画面の左端に並んでいる“最近使ったApp”では、App間を素早く切り替えることが可能
    • Appをグループ化してAppのセットを作成すると、そのグループに素早く戻ることが可能
  • 新しいディスプレイモード
    • リファレンスモードにより、Liquid Retina XDRディスプレイを搭載した12.9インチiPad Proで一般的な色基準のリファレンスカラーとビデオフォーマットのリファレンスカラーを表示でき、Sidecarを使ってAppleシリコン搭載Macのリファレンス用ディスプレイとしても使用可能
    • 新しく追加されたディスプレイのサイズ調整設定でディスプレイのピクセル密度を増やすと、App内でより多くのものを表示可能(iPad Pro 11インチ(第1世代以降)、iPad Pro 12.9インチ(第5世代以降)、および iPad Air(第5世代)で使用可能)
  • 天気
    • iPadの天気Appが大きなディスプレイに合わせて最適化され、臨場感あふれるアニメーション、詳細なマップ、タップできる予報モジュールなどに対応
    • 天気マップでは、降水量、空気質、気温に切り替えることができ、地図を場所表示の横に並べるか、またはフルスクリーンで表示することが可能
    • モジュールをタップして、1時間ごとの気温や今後10日間の降水量といった詳しいデータを表示可能
    • 空気質では、色分けした空気質、レベル、カテゴリーを表示し、マップ上に表示した空気質に関連する健康上の推奨事項や汚染物質の内訳などを確認することが可能
    • 背景のアニメーションは、太陽の位置、雲の状態、降水量を数千種類ものアニメーションで表示することが可能
    • 重大な気象警報の通知により、現在地付近で重大な気象警報が発表されたときに通知を受信することが可能
  • Game Center
    • ゲーム内ダッシュボードのアクティビティで、このゲームでの友達の達成項目や、すべてのゲームについて友達がプレイしているゲームやその達成項目をまとめて表示することが可能
    • Game Centerのプロファイルで、自分がプレイしているすべてのゲームの達成項目やLeaderboardのアクティビティのハイライトを表示することが可能
    • “連絡先”との統合により、友達のGame Centerでのプロフィールが表示され、友達がプレイしているゲームやその達成項目を見ることが可能
  • テキスト認識表示
    • テキスト認識表示により写真の中のテキストが操作可能なテキストになり、“写真”、スクリーンショット、クイックルック、Safari、および“カメラ”を使ったライブプレビューでコピー&ペースト、“調べる”、翻訳の機能を使用可能(iPad(第8世代以降)、iPad mini(第5世代以降)、iPad Air(第3世代以降)、iPad Pro 12.9インチ(第3世代以降)、およびiPad Pro 11インチのすべてのモデルで使用可能)
    • テキスト認識表示がビデオに対応し、一時停止したビデオフレーム内のテキストをコピー、翻訳、“調べる”、共有などの機能を使用可能(iPad(第8世代以降)、iPad mini(第5世代以降)、iPad Air(第3世代以降)、iPad Pro 12.9インチ(第3世代以降)、およびすべてのモデルのiPad Pro 11インチで使用可能)
    • クイックアクションにより検出された写真とビデオ内のデータをシングルタップでフライトや配送の追跡、外国語の翻訳、通貨の変換などが可能(iPad(第8世代以降)、iPad mini(第5世代以降)、iPad Air(第3世代以降)、iPad Pro 12.9インチ(第3世代以降)、およびすべてのモデルのiPad Pro 11インチで使用可能)
  • 画像を調べる
    • 画像の被写体だけを背景から抜き出して、メールやメッセージなどのAppにコピー&ペーストすることが可能(iPad(第8世代以降)、iPad mini(第5世代以降)、iPad Air(第3世代以降)、iPad Pro 12.9インチ(第3世代以降)、およびiPad Pro 11インチのすべてのモデルで使用可能)
    • “画像を調べる”で写真に写っている鳥、昆虫、蜘蛛、彫像を認識可能(iPad(第8世代以降)、iPad mini(第5世代以降)、iPad Air(第3世代以降)、iPad Pro 12.9インチ(第3世代以降)、およびすべてのモデルのiPad Pro 11インチで使用可能)
  • Siri
    • ショートカットの設定が簡単になり、何も設定しなくてもAppをダウンロードするだけでSiriからショートカットを使用可能
    • メッセージ送信前にSiriから確認を求められることなく送信可能にする新しい設定
    • “Hey Siri、何ができるの?”と尋ねることにより、iPadOSやAppでSiriができることを調べることが可能(iPad(第8世代以降)、iPad mini(第5世代以降)、iPad Air(第3世代以降)、iPad Pro 12.9インチ(第3世代以降)、およびすべてのモデルのiPad Pro 11インチで使用可能)
    • “Hey Siri、通話を終了”と頼んで電話やFaceTimeでの通話を終了するオプション(iPad(第8世代以降)、iPad mini(第5世代以降)、iPad Air(第3世代以降)、iPad Pro 12.9インチ(第3世代以降)、およびすべてのモデルのiPad Pro 11インチで使用可能)
    • 絵文字に対応し、iPadでメッセージを送信するときに声を使って絵文字を挿入することが可能(iPad(第8世代以降)、iPad mini(第5世代以降)、iPad Air(第3世代以降)、iPad Pro 12.9インチ(第3世代以降)、およびすべてのモデルのiPad Pro 11インチで使用可能)
  • 音声入力
    • 音声入力機能が全面的に新しくなり、音声入力をキーボードまたやApple Pencilと一緒に使用してテキストの入力や編集を行うことが可能(iPad(第8世代以降)、iPad mini(第5世代以降)、iPad Air(第3世代以降)、iPad Pro 12.9インチ(第3世代以降)、およびすべてのモデルのiPad Pro 11インチで使用可能)
    • 話す通りに読点、句点、疑問符を自動的に挿入する機能を装備
    • 絵文字に対応し、音声入力中に声を使って絵文字を挿入することが可能(iPad(第8世代以降)、iPad mini(第5世代以降)、iPad Air(第3世代以降)、iPad Pro 12.9インチ(第3世代以降)、およびすべてのモデルのiPad Pro 11インチで使用可能)
  • マップ
    • 運転経路に15か所までの複数の経由地を追加することに対応
    • サンフランシスコベイエリア、ロンドン、ニューヨークなどでは、交通機関の運賃により移動にかかる費用を確認可能
  • ホーム
    • ホームAppが再設計され、スマートホーム用アクセサリのナビゲーション、整理、表示、コントロールを簡単に実行可能
    • ホームタブで、アクセサリ、部屋、シーンのすべてを1つのタブに統合し、家全体を一目で見渡すことが可能
    • 照明、空調、セキュリティ、スピーカーとテレビ、水回りのカテゴリーで、部屋ごとに整理されたすべての関連アクセサリに素早くアクセスでき、より詳細なステータス情報を表示
    • 最大4つまでのカメラ映像をホームタブの中央部に表示し、スクロールしてその他のカメラ映像を表示可能
    • アクセサリタイルのデザインを一新。カテゴリに合わせたカラーでより視覚的にわかりやすいアイコンを採用し、より正確なアクセサリの操作を実現
    • 新しいスマートホーム接続規格、Matterに対応し、さまざまなホームアクセサリをエコシステム間で連携させることが可能
  • ファミリー共有
    • 子供用アカウント設定の改善により、年齢に応じたメディア制限など、適切なペアレンタルコントロールが適用された状態で子供用アカウントを簡単に作成可能
    • クイックスタートを使って、子供用に新しいiOSまたはiPadOSデバイスを親/保護者が選択したペアレンタルコントロールが適用された状態で簡単に設定可能
    • 子供からのスクリーンタイムのリクエストが“メッセージ”に表示されるようになり、承認や拒否をより簡単に実行可能
    • ファミリーチェックリストでは、子供のペアレンタルコントロール設定のアップデート、位置情報共有のオン、またはiCloud+のサブスクリプションをみんなと共有することを気づかせるようなヒントや提案を表示
  • デスクトップクラスのApp
    • ツールバーがカスタマイズ可能になり、Appで最もよく使う機能を追加することが可能
    • メニューに“閉じる”、“保存”、“複製”などのコンテキストが追加され、PagesやNumbersなどのAppで書類やファイルを簡単に編集可能
    • メール、メッセージ、リマインダー、Swift Playgroundsなど、システム全体のAppで検索と置換が可能
    • “カレンダー”の空き時間状況表示により、“カレンダー”で会議の予定を作成するときに、招待された参加者の空き時間を表示可能
  • 個人情報安全性チェック
    • “設定”の新規項目の個人情報安全性チェックでは、同居する人や親密なパートナーからの暴力行為にあっている人が相手に許可したアクセス権を素早くリセットすることが可能
    • “緊急リセット”により、“探す”経由での位置情報共有の無効化、Appのプライバシー権限のリセットなど、すべての人とAppのアクセスをリセットするアクションを素早く実行可能
    • 共有とアクセスを管理することで、情報にアクセスできるAppや人を確認し、カスタマイズすることが可能
    • アクセシビリティ
    • “拡大鏡”の“ドアの検出”機能によりドアを見つけ、ドア周辺の標識やシンボルを読み取り、ドアを開けるための手順を提供
    • バディコントローラで、複数のゲームコントローラからの入力を1つにまとめて、認知機能に不自由のある方がゲームをプレイする際に、介助者や友達のサポートを受けることが可能
    • VoiceOverが、バングラ語(インド)、ブルガリア語、カタロニア語、ウクライナ語、ベトナム語を含む20以上の新しい言語と地域で利用可能
  • このリリースには、以下の機能と改善も含まれています:
    • “メモ”に“水彩”、“モノライン”、“万年筆”が新しく追加
    • AirPods Pro(第2世代)では、“探す”や“正確な場所を見つける”がMagSafe対応充電ケースに対応し、AirPods(第3世代)、AirPods Pro(第1世代)、AirPods Maxでも利用可能な、より正確で没入感のあるリスニング体験を提供する空間オーディオにも対応
    • FaceTimeのHandoff機能により、iPadからiPhoneやMacに、またはiPhoneやMacからiPadにシームレスにFaceTime通話を引き継ぐことが可能
    • ミー文字では、ステッカーポーズ、ヘアスタイル、帽子類、鼻、リップカラーのバリエーションがアップデート
    • 翻訳Appでカメラを使って身の回りのテキストを翻訳することが可能
    • “写真”の重複検出機能により、重複した写真を識別し、ライブラリを素早く整理することが可能
    • “リマインダー”でリストをピンで固定して、よく使うリストに素早く移動することが可能
    • ホーム画面上での検索により、ホーム画面下部から直接Spotlightにアクセスでき、Appを開いたり、連絡先を探したり、Webで情報を入手したりすることが簡単に実行可能
    • “緊急セキュリティ対応”では、重要なセキュリティの改善をより迅速にデバイスに適用するために、通常のソフトウェアアップデートとソフトウェアアップデートの間に自動的に適用
    • このリリースにはその他の機能と改善も含まれます。詳しくは、以下のWebサイトをご覧ください: https://www.apple.com/jp/ipados/ipados-16/features/
    • 一部の機能は、地域やiPadの機種によっては使用できない場合があります。Appleソフトウェアアップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

今回初めて16シリーズとなったため、非常に多くのアップデート内容となっています。またiOS 16.1と同様ゼロデイ脆弱性を含む多くのセキュリティアップデートが含まれていますので、できるだけ早めにアップデートされることをお勧めします。

なお、iPadOS 16.1が適用できるデバイスは以下の通りです。

  • 12.9インチiPad Pro (第6世代、第5世代、第4世代、第3世代、第2世代、第1世代)
  • 11インチiPad Pro (第4世代、第3世代、第2世代、第1世代)
  • 10.5インチiPad Pro
  • 9.7インチiPad Pro
  • iPad (台10世代、第9世代、第8世代、第7世代、第6世代、第5世代)
  • iPad mini (第6世代、第5世代)
  • iPad Air (第4世代、第3世代)

これ以前のiPadOS 15搭載デバイスは、iPadOS 16が適用できないので注意が必要です。

macOS 13 Ventura アップデート内容

同時にリリースされたmacOS 13 Venturaアップデートの変更点について、Appleはリリースノートで以下のように記述しています。

  • メール・送信の取り消し、送信のスケジュール設定、リマインダー、フォローアップの機能を使用して、より簡単にメールを管理することが可能・より正確で完全な結果を返すように検索機能が改善され、入力し始めた瞬間から検索候補を表示
  • Spotlight・クイックルックに対応し、検索結果の上でスペースバーを押すと簡単にファイルのプレビューを表示することが可能・画像検索を使用して、Webにある画像と、写真、メッセージ、メモ、Finderにある画像を探すことが可能・ミュージシャン、映画、企業、スポーツなどの豊富な検索結果を表示
  • Safariとパスキー・共有タブグループで、複数のタブをほかの人と共有することができ、タブグループの更新は共同制作をしながら即時に確認可能・パスワードに代わるものとして設計されたパスキーを使用して、より簡単で安全なサインインが可能
  • メッセージ・メッセージの編集、送信の取り消し、未開封にする機能で、日常的なメッセージのやり取りがより簡単に・“メッセージ”でSharePlayを使用して、友達とメッセージをやり取りしながら映画やミュージックなどを一緒に楽しむことが可能・共同制作機能では、“メッセージ”を使ってファイルの共同作業への参加を簡単に依頼することができ、スレッドでアクティビティの更新情報を取得することが可能
  • 写真・iCloud共有写真ライブラリにより、写真とビデオを最大5人のファミリーメンバーと簡単に共有でき、個々のライブラリを“写真”アプリケーションにシームレスに統合することが可能
  • ステージマネージャ・ステージマネージャでアプリケーションやウインドウを自動的にまとめて、使用中のアプリケーションを中央に、ほかのアプリケーションを画面の左側に表示・開いているアプリケーションを画面の左側でクリックすると、簡単にアプリケーションの切り替えが可能・複数のアプリケーションをグループ化して、ステージマネージャ内にアプリケーションのセットを作ることが可能・ステージマネージャで、素早くデスクトップにアクセスして簡単にファイルをアプリケーションにドラッグ&ドロップすることが可能
  • FaceTime・FaceTimeのHandoff機能により、MacからiPhoneやiPadに、またはiPhoneやiPadからMacにシームレスにFaceTime通話を引き継ぐことが可能
  • 連係カメラ・連係カメラでは、iPhoneをMacに近づけてスタンドに立てると、iPhoneをMacのWebカメラとして使用することが可能(iPhone XR以降)・ビデオと照明エフェクトでポートレートモード(iPhone XR以降)、センターフレーム(iPhone 11以降)、スタジオ照明(iPhone 11以降)を使用可能・デスクビューでは、iPhoneの超広角カメラを使用して、ビデオ会議中に机の上にあるものを映し出すことが可能(iPhone 11以降)
  • その他の変更と改善・世界時計、タイマー、アラームなどの機能を備えた“時計”アプリケーションがMacに加わり、すべてのAppleデバイス間で操作の一貫性が向上・Macに“天気”アプリケーションが登場。大きなディスプレイに合わせて最適化され、臨場感あふれるアニメーション、1時間ごとの予報、詳細な天気マップの利用が可能・画像の被写体だけを背景から抜き出して、メールやメッセージなどのアプリケーションにコピー&ペーストすることが可能・集中モードフィルタにより、カレンダー、メール、メッセージ、Safari、他社製アプリケーションなどで気が散るようなコンテンツを表示しないようにすることが可能・システム設定のデザインが一新されて操作しやすくなり、新しい名称に変更・緊急セキュリティ対応により、macOSの重要なセキュリティアップデートをこれまで以上に早く配布

主な機能追加は写真・iCloud共有写真ライブラリと、あとはiPhoneをスタンドに立てるとMacと連携してWebカメラとして使用できることですかね。これでまたWebカメラ市場が。。

なおセキュリティ関連の修正は、CVE番号ベースで112件あります。これには、ターミナルで使用する「Vim」「curl」などのオープンソースソフトウェアの脆弱性も含まれています。iOS 16.1にあるようなゼロデイ脆弱性こそないものの、任意コードの実行やセキュリティ機能のバイパス、特権昇格、情報漏洩、サービス拒否(DoS)などにつながるおそれがあるため、できるだけ早い対処が必要ですので、アップデートをお勧めします。以下の旧macOS向けにもセキュリティアップデートが提供されています。

ちなみに「macOS Ventura」は以下のデバイスに対応しており、無償でのアップグレードが可能となっています。

  • iMac:2017以降
  • Mac Pro:2019以降
  • iMac Pro:2017
  • Mac Studio:2022
  • Mac mini:2018以降
  • MacBook Air:2018以降
  • MacBook:2017以降
  • MacBook Pro:2017以降

これ以上古いデバイス(おおむね2017年以前のもの)はmacOS 12 Montereyからアップデートできません。基本的にAppleは5年をソフトウェアアップデートの範囲内としているためです。私のMacBook Proも1つが2018年モデルです。再来年からはアップデートができなくなる可能性がありますね。

ちなみに、私のデバイスではアップデートしたところ、中国語IMEの搜狗输入法が使えなくなりました。まだmacOS Venturaに対応していないものと思われますが、注意が必要です(壊れているってなんやねん)。

watchOS 9.1 アップデート内容

同時にリリースされたwatchOS 9.1アップデートの変更点について、Appleはリリースノートで以下のように記述しています。

このアップデートにはApple Watch用の改善が含まれます。

・Apple Watch Series 8、Apple Watch SE(第2世代)、およびApple Watch Ultraでの心拍数とGPSの測定頻度を下げる機能により、屋外ウォーキング、ランニング、およびハイキングのワークアウト中にバッテリー駆動時間を節約可能

・Apple Watchが充電器に接続されていないときにWi-Fiまたはモバイル通信を使用してミュージックをダウンロード可能

・新しいスマートホーム接続規格、Matterに対応し、さまざまなホームアクセサリをエコシステム間で連携させることが可能

このアップデートには、Apple Watchのバグ修正も含まれます。

・屋外ランニング中の平均ペースの音声フィードバックが正しくない場合がある問題

・天気Appに表示される降水確率の予測がiPhoneの現在地の予測と一致しない場合がある問題

・1時間ごとの天気のコンプリケーションで、午後の時間帯に時刻が午前と表示される場合がある問題

・一部のユーザで機能的筋力トレーニングワークアウト中に表示される時間が進まない場合がある問題

・複数の通知を受信したときに、VoiceOverで通知を読み上げる前にApp名が読み上げられない場合がある問題

Appleソフトウェアアップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

基本的にwatchOS 9.1では機能の追加ではなく、機能改善及びバグ修正がメインとなっています。セキュリティアップデートもあるため、早めにアップデートされることをお勧めします。

tvOS 16.1アップデート内容

Appleは同時に、AppleTV用OS、【tvOS 16.1】もリリースしています。

tvOS 16.1では、Siriのユーザーインターフェイスに改良が加えられており、Siriを起動すると画面右隅からインターフェイスが表示され、よりコンパクトな表示になっています。更に設定アプリに「Hey Siri」 を有効にする新しいオプションが追加されています。他にもセキュリティアップデートが盛り込まれています。

最新ハードウェアiPhone 14シリーズ用を含む、iOS/iPadOS 16.1オリジナルファームウェアのダウンロードはこちらから

最新の【iPhone 14/iPhone 14 Plus/iPhone 14 Pro/iPhone 14 Pro Max】用も含め、iOS/iPadOS 16.1のファームウェア(OFW)のダウンロードリンクはこちらです(順次アップデート予定)。

基本的にはiOS等AppleのOSは最新バージョンにしか復元できないようになっていますが、先にファームウェアをダウンロードしておいて複数台をアップデートする、或いは一つ前のiOSでSHSHが発行されているバージョンへのダウングレードやバージョン維持復元の用途でお使いいただけます。

  • この記事を書いた人
  • 記事一覧

小龍茶館

小龍科技有限公司(香港)代表、中国歴15年以上のApple関連ブロガー。
中国で暮らす日本人に役立つネット・モバイル関連情報をお届けしつつ、iPhoneのSIMロック解除や脱獄方法など、中国で使用するのに便利な裏技も紹介しています。これまで経験した仕事は音楽マネジメント、飲食店経営、貿易、製造業など。
NPO法人日中児童の友好交流後援会理事。

お役立ち記事

1

2020年には使えていた「境外人员住宿登记」のオンライン申告用リンクが、使用できない状態が続いていました。 実は2022年7月からリンクが更新され、WEBサイトや随申办でも使用できるようになっていたよ ...

2

先日2023年の上海ミシュランガイドが発表になりました!2023年のリストを下記にまとめました! 今回はミシュラン二つ星に1軒、ミシュラン一つ星に3軒が新しく追加されています。 ミシュラン三つ星★★★ ...

3

欲求の強さについてのアンケート A〜Eのグループごとにあてはまる項目に◯をつけて下さい。 どのグループが多いかをチェックしてみましょう! Aグループ 誰とも関わらずに一人で完結する作業より、グループで ...

4

目次 日本語での問合せや受診が可能な病院・クリニック 【黄浦区】 【静安区】 【徐匯区】 【長寧区】 【浦東新区】 日本語での問合せや受診が可能な歯科クリニック 【黄浦区】 【徐匯区】 【長寧区】 【 ...

5

12月8日、中国国務院より、2023年の祝日が発表されました。 2023年は中秋節と国慶節が繋がり、連続8日休暇になります。 元旦:2022年12月31日〜2023年1月2日の3日間 春節:1月21日 ...

6

上海は先々週あたりから、各地でブロック封鎖が行われています。弊社も先週からリモートワークが続いております。 ブロック封鎖の影響で出前配達員の人員不足に陥り、スーパーからの配達が軒並みキャンセルに…。 ...