2021年11月23日よりサーバー移行につき、店舗情報掲載と暮らしの掲示板機能をしばらくの間お休みさせていただきます。

グルメ 薩摩酒造

冬に最適、美味しい焼酎のお湯割り

2019年11月18日

-グルメ, 薩摩酒造  -,

寒い季節にぴったり!

美味しいお湯割りであったまろう!

冬に合う美味しいお湯割りの飲み方

鹿児島の芋焼酎は、昔からお湯割りがスタンダード。

お湯といっても、体温と同じくらいの温度。

体の状態に合わせてアルコール度数を調整しながら飲む、優しく健康的な飲み方。

http://shanghai-zine.com/

お湯割りは、白波芋焼酎の旨味を引き出す

お湯割りの理想的な温度は、人肌より少し高めの42℃。

お湯割り研究所の調査・実験により、芋焼酎ならではの旨味・風味がバランス良く引き出されることが判明した。

芋焼酎とお湯の黄金比率は、芋焼酎6にお湯4、これをロクヨンと呼ぶ。

70℃前後のお湯を入れたグラスに芋焼酎を注ぐ、後入れ方式を推奨する。

なお、アルコール25度の芋焼酎をロクヨンにすると約15度。これは、ワインや清酒と同程度、食中酒としての理想的なアルコール度数である。

しかしながら本来、芋焼酎とは極めて自由度の高いアルコールである。

気分、体調、天候、或は料理や肴にあわせて、濃くする薄くする、熱くする、ぬるくするなど、どんな飲み方をしてもおいしく飲むことができる。

http://shanghai-zine.com/
http://shanghai-zine.com/

【お湯が先、焼酎は後】には、理由がある...

グラスでお湯割りをつくる場合は、まず先にお湯を注ぎ、その後で芋焼酎を合わせる。

逆ではいけない。お湯を先に入れることで、お湯の温度を下げ、グラスをあたためることができます。そこに常温の芋焼酎を加えると、お湯と芋焼酎の温度差で自然に対流がおき、かき混ぜなくても温度や濃度が均一になる。

http://shanghai-zine.com/
http://shanghai-zine.com/

上海で「薩摩白波シリーズ焼酎」を買えるお店は→こちら


販売元: 薩摩酒造

所在地:上海市長寧区遵義南路88号 協泰中心1908室

ホームページ:http://satsuma-china.com/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Shanghai-zine管理人

中国デジタルマーケティングなら上海KEMBOへ!マーケティング戦略からデータ分析、リサーチ、WEBサイト制作、SNS運用、訪日インバウンドプロモーションまで、中国、上海でのオンラインビジネスを全面的にサポート! 上海KEMBOスタッフがお届けする中国マーケットの最新情報ブログ 中国 KEMBO マーケット事務局はこちら