小龍茶館−Apple新情報

フルサイズの改良版HomePodが来年2023年に発売か

-小龍茶館−Apple新情報   -

Apple未発表製品の予測では圧倒的な信頼性を誇るMark Gurman氏がBloombergで発表したところによると、どうやら改良されたフルサイズのHomePodが来年再登場するということです。

HomePodSeniorAndJunior

コードネームB620と呼ばれている新しいHomePodは、現在Apple Watchに搭載されているS8チップを搭載の予定で、HomePod miniの後継機ではなく、サイズとオーディオパフォーマンスは初代HomePodに近いものになる、とMark Gurman氏は予測しています。また、新しいHomePodには、上部にマルチタッチをサポートするディスプレイが搭載される、ともされています。

ちなみにもう1人のApple未発表製品の予測で有名なMing-Chi Kuo(郭明錤)氏も、Mark Gurman氏に先駆けて、Appleがより大きなHomePodを復活挿せる予定であることをレポートしていますので、Gurman氏はそれを後追いで更に詳細な情報を出したということになります。

なお、AppleTrackによれば、これまでのApple未発表製品の予測的中率は、Mark Gurman氏が85%、Ming-Chi Kuo氏が72.5%となっていて、どちらも信頼に足る情報ソースです。ただ、今回のHomePod復活の情報はどうでしょうか。。

ただ、音質的に新型HomePod(HomePod 2?)が初代HomePodから劇的に進化するかどうかは不明です。また初代HomePodは値段が少々高いこともあって(更にSiriの性能がそれほどよくないこともあって)、それほど売れていなかったためにディスコンになったはずです。ディスコンになった後、2ヶ月経ってもまだ在庫が余っていたのは記憶に新しいところです。また同じような製品を同じような値段で出しても、それほど成功するとは思えないのですが、そのあたりも十分わかっているはずのAppleが新型HomePodをどのような魅力的な製品に仕上げてくるのか、気になるところではあります。マルチタッチディスプレイで便利に使えるようになれば少しはいいかもしれませんね。初代HomePodはあまりに上部の構造が簡単すぎて、使いにくいところがありましたので。。

  • この記事を書いた人
  • 記事一覧

小龍茶館

小龍科技有限公司(香港)代表、中国歴15年以上のApple関連ブロガー。
中国で暮らす日本人に役立つネット・モバイル関連情報をお届けしつつ、iPhoneのSIMロック解除や脱獄方法など、中国で使用するのに便利な裏技も紹介しています。これまで経験した仕事は音楽マネジメント、飲食店経営、貿易、製造業など。
NPO法人日中児童の友好交流後援会理事。

お役立ち記事

1

欲求の強さについてのアンケート A〜Eのグループごとにあてはまる項目に◯をつけて下さい。 どのグループが多いかをチェックしてみましょう! Aグループ 誰とも関わらずに一人で完結する作業より、グループで ...

2

先日2022年の上海ミシュランガイドが発表になりました!リストを下記にまとめました! ミシュラン三つ星★★★ Ultraviolet by Paul Pairet Ultravioletは、独創的なフ ...

3

上海は先々週あたりから、各地でブロック封鎖が行われています。弊社も先週からリモートワークが続いております。 ブロック封鎖の影響で出前配達員の人員不足に陥り、スーパーからの配達が軒並みキャンセルに…。 ...

4

2022年8月23日より中国に6ヶ月以上滞在予定の学生に適用されるX1ビザの申請受付を再開するという発表がありました。 さらに、中国に滞在する留学生の配偶者、両親、18歳未満の子供、配偶者の両親を含む ...

5

出典元:中国驻日本大使馆 中国ビザ申請についてのお知らせ 【商業・貿易(M)ビザ】及び【交流・訪問・視察(F)ビザ】の申請をする際、中国当局(外弁、商務庁)から発給される『PU招聘状』が不要になりまし ...

6

出典元:上海发布没有智能手机的老年人和小孩如何“扫码通行”?请收藏这份攻略→申领离线“随申码”,市民可以自行打印了 現在公共の場や公共交通を利用する際、72時間以内PCR陰性証明または24時間以内にP ...

7

目次 日本語での問合せや受診が可能な病院・クリニック 【黄浦区】 【静安区】 【徐匯区】 【長寧区】 【浦東新区】 日本語での問合せや受診が可能な歯科クリニック 【黄浦区】 【徐匯区】 【長寧区】 【 ...