2021年11月23日よりサーバー移行につき、店舗情報掲載と暮らしの掲示板機能をしばらくの間お休みさせていただきます。

中国KEMBOマーケット事務局

生きた蟹を列車に持ち込み、乗車拒否!?

-中国KEMBOマーケット事務局  -,

10月14日浙江省永康南駅において、男性の乗客が生きたカニの入った袋を持って高速鉄道に乗り込もうとしたところ、駅員によって制止され、乗客は約8匹のカニをその場で踏みつぶして殺し、列車内にに持ち込んだ......という事件がありました。

この乗客が持ち込もうとしたカニは、紐で縛られておらず、ビニール袋に入れられただけの状態だったようです。

画像11

死んだカニは食べてはいけない

この乗客は踏み潰して、死んだカニを持ち込んだようですが、カニが死んだ後は、体内のバクテリアが増殖してカニの身を分解し、その中には毒素を出すものもあります。 死んだカニを食べると、食中毒を引き起こす可能性があります。一般的には、吐き気や嘔吐、腹痛、下痢などの症状が現れ、重症の場合は脱水症状、さらにはショックや敗血症を引き起こすこともあります。

くれぐれも食べないようにしましょう。

駅や空港では売っているのになぜ?

10月から11月は上海蟹の季節で、カニが名産である地域の空港や列車の駅ではお土産用に生きた上海蟹が売られていることもあります。

画像1
画像2

鉄道において携帯の禁止と制限がされているものに関しては、列車運行の安全や公衆衛生を脅かす恐れのある以下の物品を持ち込んではならないと定めています。

・信号を妨害する可能性のある強い磁気を帯びた物品
・強い刺激臭のある物品
・悪臭などのある物品
・生き物(盲導犬を除く)
・公衆衛生を阻害する恐れのある物品
・駅や列車運行の施設・設備・備品を損傷・汚染する恐れのある物品

基本的に盲導犬を除く生き物の持ち込みは禁止されていますが、カニが特産の駅などで、持込可能な状態でギフトとして売られているものに関しては、持ち込めるようです。他の場所で買ったものに関しては足を縛って発泡スチロールの箱などきれいな包装に入れておけば、駅によっては持ち込めるようです。

他に何が持ち込み不可なのか?

■量り売り等のお酒

画像3

量り売りなどのお酒、自家製米酒などは、駅構内や列車内のセキュリティチェックを通過できません。 正規のメーカーが製造したお酒の瓶やボトル(未開封で元のパッケージに入っているもの)は携帯可能です。

アルコールと荷物の合計重量は20kg以内です。駅によって制限が異なるため、詳しくは事前に最寄りの駅に問い合わせするのが賢明です。

■電気自動車用バッテリー、車載用バッテリーなど

画像4

電動自転車のバッテリーや車のバッテリーを持ち込むことは禁止されています。 ただし、乾電池、リチウム電池、正規メーカーの充電池は持込可能です。その他、障がい者用の電動車椅子や小型のドローンは基本的に許可されています。

■加熱式食品、爆竹、ヘリウム風船

画像5

加熱式火鍋やご飯などの加熱パックは、数秒で100℃の温度に達するため、発生した蒸気で自分や周囲の乗客が火傷をしたり、煙探知機が作動したりする可能性があります。 

打ち上げ花火、爆竹などの花火は、大きさや数に関わらず、携帯不可です。 子供たちに人気のあるヘリウム風船は、可燃性・爆発性があるため、持ち込み厳禁です。

■タバコ、ライター、電子タバコ、マッチ

タバコは一人最大50本、それを超える場合は関係部署が発行する証明書の提示がひつようになります。ライターは2個、マッチも小箱2個のみで、ライター用のオイルは持ち込み不可です。

電子タバコも含め車両内の喫煙は禁止されています。違反者は相応の処分を受けるだけでなく、ブラックリストに登録され、一定期間チケットの購入を制限されるようです。厳しい罰則ですね。

■ドリアン、臭豆腐、シュールストレミング、螺狮粉

画像6

ドリアンや臭豆腐など、強い刺激臭のあるものや、悪臭などの不快な臭いのするものも持ち込み禁止です。 列車のコンパートメントは密閉された空間であるため、他の乗客に迷惑をかけないためにも、匂いの強い食べ物は摂取しないようにしましょう。

螺狮粉は人気のタニシスープベースの米粉の麺ですが、これも匂いが強く好き嫌いが分かれるので列車内で食べないほうがいいでしょう。

■包丁、ドライバー、電気ドリル、ハンマー

画像7

ナイフや鋭利な武器など、乗客の身の安全を脅かす可能性のある武器、また警棒、催涙ガス、催涙銃、スタンガン、ネイルガン、防御用武器、弓、クロスボウ、その他の道具の携帯は固く禁じられています。

電気スパナ、ドライバー、ドリル、ハンマー、アイスピック、理髪用の鋏なども持ち込み不可です。その際は、事前に駅に連絡しておけば駅から目的地まで送ることができます

■ごま油、菜種油、大豆油

食用油と判断された製品は持ち込み可能ですが、列車の環境や寝具を汚さないように厳重に梱包し、適切な保管が必要です。

■化粧品、毛染め、殺虫剤

画像8

スプレー式の圧力容器は120ml、マニキュアや毛染めは20mlまでとなっています。

洗顔料、シャンプー、ボディーソープ、ファンデーション、UVクリーム、口紅、マスカラなどの日用品はOKですが、荷物の重さを超過してはいけません。 

■アルコール、消毒液、漂白剤

画像9

アルコールは非常に揮発性が高く、引火性や爆発性の危険性がありますので持ち込み不可です。 中国で最もメジャーな84消毒剤は次亜塩素酸ナトリウムをベースにした効果の高い消毒剤で、刺激的な臭いがします。

また、消毒剤や漂白剤は液体、タブレットタイプともに持ち込み不可です。

 アルコール消毒用のティッシュやコットンは、パッケージに入れて密封して持ち歩くことをお勧めします。

列車や飛行機に搭乗する際には気をつけましょう

筆者も国慶節の期間中、海南島を旅した際に、目の前で加熱式火鍋を没収されている人を見ました。イチャモンつけてなんとか持ち込もうとしていましたが、ダメなものはダメです。

その人が持ち込もうとしていたものは、カイロのようなものが中に入っていて、水を入れると発熱し熱々の火鍋が食べられるという商品でした。おみやげに持っていきたい気持ちは山々ですが、ダメなら仕方ありません。

筆者も過去にフィリピンの空港で、おみやげに買ったプルトップの缶詰が検査に引っかかり、プルトップ缶以外の缶詰のみ再検査後に許可が出て持ち帰ることができたという経験がありました。

中国では国内線でもライターの飛行機内の持ち込みは不可だったりします(日本の国内線は一人1つまで)。国によっても違いますし、中国の場合は地域によっても異なるので、都度都度気をつけましょう。

出典:
活螃蟹不让上高铁,男子当场踩死后竟将死螃蟹带上车 腾讯网
男子带活螃蟹上高铁被拒,当场踩死8只!乘火车禁止携带啥? 首都网警
活螃蟹被踩死后带上高铁上热搜!南京规定:必须捆绑! 光明网

ライター:タカハシヒロミ
2000年より上海在住、趣味は空手とダイビング。海水魚のブログも運営。

お問い合わせ:info@kembo-net.com
KEMBOでは中国におけるWEBプロモーション、WEBサイト制作、
デジタル広告運営、SNS運用まで幅広くサービス展開しております。
詳細は以下よりご覧ください!

■KEMBO 中国デジマ虎の巻
https://www.youtube.com/channel/UCwNOqpl7MUietNtmDPoXQYA
■KEMBO 成果をもたらすデジタルマーケティング
http://blog.kembo-jp.com/wp-content/KEMBO_DM.pdf
■KEMBOホームページ
https://kembo-net.com

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Shanghai-zine管理人

中国デジタルマーケティングなら上海KEMBOへ!マーケティング戦略からデータ分析、リサーチ、WEBサイト制作、SNS運用、訪日インバウンドプロモーションまで、中国、上海でのオンラインビジネスを全面的にサポート! 上海KEMBOスタッフがお届けする中国マーケットの最新情報ブログ 中国 KEMBO マーケット事務局はこちら