2021年11月23日よりサーバー移行につき、店舗情報掲載と暮らしの掲示板機能をしばらくの間お休みさせていただきます。

中国KEMBOマーケット事務局

中国 国慶節とお酒販売事情

2021年10月14日

-中国KEMBOマーケット事務局  -

中国では大型連休となる国慶節が終了し、筆者も必死にモードを切り替え仕事を再開した今日この頃。
国慶節にはあまり遠出はしなかったが蘇州古典園林というユネスコ世界遺産にも登録されている明や清の時代に建設されたという庭園等を見てきた。現在はコロナの影響もあり海外旅行等ができないので観光地はどこに行ってもたくさんの人で溢れていたようだ。発表では2021年10月1日から7日までの期間で国内旅行をした人の数は5.15億人となり、国内旅行消費額は3890億元(約6.7兆円)とコロナ前の約60%まで回復したということだ。

そんな国慶節だったが観光地や色々な場所に行って思うのは日本とのお酒の販売事情の違いである。そもそも結論からいえばあんなに酒の種類が豊富でいつでもどこでもお酒が飲めるし、飲んでいる人が多いのは日本特有であろう。一見お酒飲みが多いイメージのある中国だが、実は観光地等の屋外での酒販売はほぼ見ないのである。

日本と言えば様々な観光地や遊園地、スポーツ観戦等の会場、お祭り、何はともあれ人が集まる所では酒を販売している。しかし中国では屋外になると真夏等、季節に関わらず酒はほぼ販売されていない。コンビニでかろうじてビールが買えるかどうか、ということろだろう。
知り合いの中国人に聞いても食事の時には飲むけど歩いて飲むとか、食事以外の時にお酒を飲むという習慣はあまりないそうだ。「そこまでして飲みたい・・・?」という様な感覚だそうだ。筆者としてはお祭りの様な出店が並んでいる所でも酒の販売は無いのは少し寂しい。(※ちなみに酒の替わりと行ってはなんだが果物はだいたいの場所で売っている。)

また屋内では無いが新幹線でも販売されていることは少ない。筆者のイメージでは【新幹線に乗る=ビール飲む】
くらいの強烈な(個人的)イメージがあるのだが中国ではその様な人は全く見ない。奥さんと新幹線に乗る時にビールを飲んだ時、「ラベルを隠して飲んで」と言われるくらいちょっと恥ずかしいことのようである。
それでは屋内ではどうか。例えば日本の映画館に行くと必ずと言って良いほどビールがある。しかし中国では販売していない。筆者のイメージでは
【映画を見る=ビール飲む】
くらいの強烈な(個人的)イメージがあるのだが中国ではその様な人は全く見ない。中国に来たばかりの時には映画館にビールが売っていないので目の前のレストランでビールだけ持ち帰りしようとした。店員にどこで飲むの?と言われ映画見ながらと言うと「マジカヨ・・・そんな飲みたいの?!」と本当に驚いた様子であった。この様に日本と中国の酒販売(飲酒)事情は結構異なっているのである。
あと、これは余談だが電車内の酔っ払いについて、もちろんたまーにいることもあるが、日本より圧倒的に少ないし、コンビニ前の立ち飲み姿等もほとんど見ることはない。

また、昨今では中国の若年層の酒離れも話題になっている、そして中国の国内メーカーもそんな層をターゲットにしたノンアルコールビールを発売したというニュースも見る様になった。しかし個人的に思うのは中国ではそもそも酒を飲む人、飲まない人という白黒が日本より明確になっており
「あまり飲めないから低アルコール(ノンアルコール)で・・・・」とか
「飲みたいけど飲み会続きだから今日は低アルコール(ノンアルコール)で」という感覚を持つグレーな層が少ない気がしている。飲むか飲まないか、という印象が強いのである。
これは中国の飲食店であまりお酒の種類が無いことも影響しているであろう。酒類の王道としては「ビール」と「白酒」という2TOPがおり、それ以外の選択肢があまり多く無い。「ビール」や「白酒」は味的にも酒好きな人しか飲まないので、先ほど言った様な飲む人、飲まない人という明確な白黒ができやすいのではないだろうか。

ノンアルコールや低アルコール飲料等、様々な商品が増えているがこれからの中国ではどの様な酒文化の変化が見られるのだろうか。

ライター:Taro Nozawa
お問い合わせ:nozawa@kembo-net.com

KEMBOでは中国におけるWEBプロモーション、WEBサイト制作、
デジタル広告運営、SNS運用まで幅広くサービス展開しております。
詳細は以下よりご覧ください!

■KEMBO 成果をもたらすデジタルマーケティング
http://blog.kembo-jp.com/wp-content/KEMBO_DM.pdf

■KEMBOホームページ
https://kembo-net.com/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Shanghai-zine管理人

中国デジタルマーケティングなら上海KEMBOへ!マーケティング戦略からデータ分析、リサーチ、WEBサイト制作、SNS運用、訪日インバウンドプロモーションまで、中国、上海でのオンラインビジネスを全面的にサポート!
上海KEMBOスタッフがお届けする中国マーケットの最新情報ブログ 中国 KEMBO マーケット事務局はこちら

お役立ち記事

1

5月25日時点での上海交通関連情報をまとめていきます。 現時点で交通を利用する際は、48時間以内のPCR陰性証明が必要となっています。 5月16日より奉賢区、松江区、崇明区で一部交通再開 5月22日以 ...

2

封控区・管控区・防范区の三区の定義は引き続きですが、「无疫小区(ゼロコロナ居住区)」のリストが次々と発表されています。 目次 「无疫小区」定義 「三区」定義 「无疫小区」リスト 三区の定義のおさらいと ...

3

在上海日本国総領事館サイトより引用 上海市全域の封鎖措置に伴い、各種規制が継続されているため、対面での医療機関受診が困難となっています。 4月24日時点で、日本語でのオンライン医療相談・受診が可能な医 ...

4

上海は先々週あたりから、各地でブロック封鎖が行われています。弊社も先週からリモートワークが続いております。 ブロック封鎖の影響で出前配達員の人員不足に陥り、スーパーからの配達が軒並みキャンセルに…。 ...

5

10月25日、中国国務院弁公庁より、2022年の祝日が発表されました。 1月31日から1週間春節連休、国慶節も7連休となるほか、5月の労働節も振替出勤調整を加えて5連休となります。 少し気が早いような ...

6

目次 日本語での問合せや受診が可能な病院・クリニック 【黄浦区】 【静安区】 【徐匯区】 【長寧区】 【浦東新区】 日本語での問合せや受診が可能な歯科クリニック 【黄浦区】 【徐匯区】 【長寧区】 【 ...